SPI対策問題集 produced by CareerMine

言語非言語英語

適性検査SPIとは?SPIの問題形式・対策方法を徹底解説|SPI対策問題集

SPIとは何か?

SPIとは「Synthetic Personality Inventory」の略でリクルートマネジメントソリューションズ社が開発した採用テストです。

2021年には年間で約14,400社が利用し、約215万人が受験しており日本で最も利用されています

そのため、就職活動を進めていくと一度は受ける可能性が高いテストと言えるでしょう。

 

企業は、SPIを用いることで性格特性や知的能力を知ることができ、応募者が企業にあっているかどうかの判断材料としています。

SPIの検査内容

SPIの検査は大きく分けて2つあります。

 

1つ目は、応募者の性格や人となりを測定することができる「性格検査」、2つ目は応募者の知的能力を測定することができる「能力検査」です。

 

以下では、それぞれの検査の内容をご紹介します。

 

性格検査

性格検査では日頃の行動や考え方に関する質問から、その人の性格や人となりを測定します。

性格検査を行うことによって、企業は応募者の性格特性ストレスへの寛容度からどのような仕事や部署に合っているかを判断する際の参考情報にすることができます。

能力検査

能力検査では、問題を解くことによって、異なる職種でも共通して求められる知的能力を測定します。主に出題されるのは、「言語分野」と「非言語分野」の2種類です。

言語のテストでは、国語の問題が出題され、言葉の意味や話の要旨を理解することができるかが問われます。具体的には「二語の関係」や「語句の意味」「文章整序」などの単元が出題されます。

 

非言語のテストでは、論理・数学の問題が出題され、数的な処理や論理的思考力が問われます。具体的には「推論」「場合の数」「確率」「割合」「金額計算」などの単元が出題されます。特に「推論」はSPIで最頻出の単元であるため対策しておきましょう。

 

企業によっては、「英語能力」や「構造的把握力」の検査を採用している場合もあります。

 

英語のテストでは、語彙力や読解力が問われる問題が出題されます。具体的には、「単語の意味」「同意語」「反意語」「空欄補充」などの問題が出題されます。問題のレベルとしては中学から大学受験レベルの問題です。

 

構造的把握力のテストは、2013年から追加されたもので、4〜5つの選択肢を読んで文章の構造が似ているものを選ぶ検査になります。物事の背後にある共通性や、関係性を構造的に理解する力が問われます。

 

志望する企業がどの検査を行うのかを事前に把握し、対策に取り組みましょう。

SPIの4つの受験方法

SPIの受験方法は以下の4つがあります。受験方法は利用する企業によって異なるため、応募する企業がどの受験方法を利用しているのか確認するようにしましょう。

WEBテスティング

WEBテスティングは、インターネットに接続できるパソコンから受験する方法です。

指定された受験期間であれば自分の都合の良い時間に受けることができます。

スマートフォンでの受験は認められていないためパソコンで受けるよう注意しましょう。

テストセンター

テストセンターは、SPIを提供するリクルートマネジメントソリューションズ社が用意した専用のテスト会場のパソコンで受験する方法です。最も多く使われている受験方法で全体の約7割を占めています。

 

指定された受験期間の中から自分の都合の良い日時を選択して受験します。性格検査は事前に自宅のパソコンで受験します。

ペーパーテスティング

ペーパーテスティングとは応募先の企業が用意した会場でマークシート方式で受験する方法です。

 

マークシート方式であるため一般的な入学試験と同様の受験方法になります。パソコンで受ける試験とは異なり、マークシートを塗りつぶす作業があるため、制限時間には気をつけて問題を解くようにしましょう。

インハウスCBT

インハウスCBTとは応募先の企業に訪問して、用意されたパソコンで受験する方法になります。一般的に面接の直前に行うため、適性検査と面接を1日で終わらせることができますが、現在実施している企業は少ない傾向にあります。

 

なぜSPIが必要なのか

年間で約14,400社が導入し、約215万人が受験するSPIですが、なぜ企業は採用活動でSPIの検査を行うのでしょうか。企業がSPIを実施する理由は主に以下の3つです。

受験者の性格特性や能力を見るため

企業はSPIを実施することによって、応募者の性格特性や知的能力を把握することができます。

 

面接前にSPIを実施することによって、応募者がどんな人材であるかをある程度理解することができ、履歴書や面接だけではわからない応募者の特性を知ることができます。

応募者が企業の求める能力水準に達しているかを客観的に判断することができることもSPIを導入する理由の1つでしょう。

企業との相性を測りミスマッチを防ぐため

企業は、応募者が自社の雰囲気や仕事内容に合っているかどうかを重視しています。

 

自社の社風や働き方にマッチする人材であれば、入社後の活躍が期待できるため、企業はマッチする人材が欲しいと考えています。

 

相性が悪く社風になじめないような人を採用してしまうと、採用後の人材の定着率が下がってしまい、結果としてコストがかかってしまいます。また、採用された人も企業と相性が合わない職場では気持ちよく働くことができません。

このようなミスマッチを防ぐためにも、相性が良く長く働いてもらえるような人材を採用する判断材料としてSPIは多くの企業に利用されています。

入社後の配属先を検討するため

SPIは採用過程だけでなく、入社後の配属先を決める際の参考材料として活用されることもあります。SPIで性格特性や知的能力を把握することで、その人の力を最大限発揮することができる部署へ配属しやすくなります。

 

応募者にとっても、自分に合った部署に配属されることによって仕事に対する満足度を高めることができるでしょう。

効率的なSPI対策方法

いつから対策すべきか

実際にSPIの受験対策はいつ頃から始めれば良いのでしょうか?

 

その答えはズバリ「早ければ早いほどいい」です。

 

テストセンターで行われるSPIは、卒業・修了年度に入る直前の3月1日の広報活動解禁日以降にすぐ実施されることがあるため、これよりも前に対策を一通り完了しておくことがベストでしょう。

 

そのため、大学3年生になったタイミングでSPIの対策を始めることをおすすめします。

 

SPI対策のポイント

SPIの能力検査では漢字や英単語、数学の公式を覚えていれば高得点が取れるわけではありません。

出題された問題の回答を、制限時間内に効率よく導き出す能力が求められるため、SPIの問題をたくさん解き、SPIの出題形式に慣れておく必要があります。

以下では、SPI対策のポイントを紹介します。

 

語句や公式を覚える

能力検査では出題されるレベルの語句や英単語、数学の公式などを覚えていなければ、問題を解くことすらできません。

 

SPIで出題されるレベルの漢字や英単語は必ず押さえるようにしましょう。SPIの問題集や対策アプリでは出題される傾向の高い語句などが掲載されているため、これらをもとに勉強すると良いでしょう。

制限時間を意識して繰り返し問題を解く

能力検査では、繰り返し問題を解いて出題形式に慣れることが重要です。SPIの問題集や模擬試験を受験前に繰り返し解き、慣れた状態で本番に臨むことで、持っている能力を存分に発揮できるでしょう。

 

また、パソコンで受験する際は問題ごとに制限時間があるため、1つの問題を短い時間で解く力が求められます。問題集を解いて対策する際も、制限時間を意識して問題を解く練習をしておくと、制限時間があるというプレッシャーの中でも焦らず回答することができるでしょう。

 

性格検査は正直に答える

性格検査においては特に対策すべきことはありません。しかし、受験する際は質問に正直に答えるようにしましょう。

自分の性格を偽って質問に回答してしまうと、仮に希望する企業に入社できたとしても、入社後に自分の性格特性と企業の雰囲気が合わず、苦労することも。

自分に合った企業や仕事に出会うためにも、性格検査は正直に答えるようにしましょう。

おすすめのSPI対策方法

SPIの1番の対策方法は、とにかく多くの問題を解いて出題形式に慣れるということです。

 

SPI対策の問題集には多くの問題が載っているため、1冊の問題集を完璧に回答できるよう徹底して対策を行いましょう。そうすることで、傾向を掴むことができ、本番の検査でも力を発揮することができます。

 

また、最近ではSPI対策ができるアプリも配信されているため、アプリを活用してSPIを対策するのも良いでしょう。アプリを活用することで通学時間などのスキマ時間を利用して、忙しい就活生の方でも効率よくSPIを対策することができるでしょう。

 

以下では、SPIを対策できるおすすめのアプリと問題集をご紹介します。

SPI対策アプリ

弊社が配信する無料の「SPI対策アプリ produced by CareerMine」ではアプリ1つでSPIを対策することができます。

約360問の問題を収録しており、問題と解説のクオリティの高さから多くのユーザーが利用しています。制限時間を設定して本番の試験さながらにSPIの問題を解くことができるのがポイントです。

 

また、学習データが蓄積されるため、自分の苦手を分析することができ、効率的に復習することができます。

 

他にもランダムに問題を解くことができる「シャッフル学習機能」や全国のライバルと競うことができる「ランキング機能」など、SPIの勉強を楽しく行うことができます。

 

学校や就職活動で忙しい就活生向けのアプリです。通学時間などのスキマ時間を活用して、効率よくSPI対策ができるアプリなので、ぜひダウンロードしてみてください。

__STORE_BANNER__

これが本当のSPI3だ!

1冊目のおすすめのSPI対策問題集は『これが本当のSPI3だ! 2024年度版 【主要3方式〈テストセンター・ペーパーテスト・WEBテスティング〉対応】 (本当の就職テスト) 』です。

 

テストセンター、ペーパーテスト、WEBテストの主要3方式に対応し、「出る順」の出題範囲表で、方式ごとの出題分野や出題傾向が一目でわかるのが特徴です。

 

講義形式の丁寧な解説であるため読みやすく、数学や国語から遠ざかっていた就活生でも理解しやすい内容となっています。

史上最強SPI&テストセンター超実戦問題集

2冊目のおすすめのSPI対策問題集は『2024最新版 史上最強SPI&テストセンター超実戦問題集』です。

 

解答解説がわかりやすいだけではなく、メモの取り方や、計算方法など制限時間内に素早く確実に解く方法が丁寧に解説されているのが特徴です。

 

問題ページには目標時間が載っているため、制限時間を意識して実践的に問題を解くことができるでしょう。

 

また、テストセンター形式の模擬テストが収録されており、40分で合格レベルを判定することができます。問題と解説が別冊になっているため、答え合わせが楽であることもポイントです。

受験前に準備しておくべきこと

SPIを受験する前に準備しておくべきことは以下の2つです。

パソコンでの受験に慣れておく

現在では全体の7割がテストセンターでの試験であり、パソコンで適性検査を受けることが一般的です。

パソコンでの受験では制限時間があったり、次の問題に進むと前の問題に戻ることはできないなど、ペーパーテストとは違う形式が多々あります。

そのため、受験日に初めてSPIをパソコンで受けるということがないように、前もってパソコンでの模擬試験をするなどして、パソコンでの受験に慣れておくようにしましょう。

SPIの問題形式を把握しておく

どのような形式の問題が出題されるかを知らぬまま受験すると、本番でパニックになってしまい本来持っている能力を発揮できない可能性があります。受験前に問題集や模擬試験を解くなどしてどのような問題が出題されるのかを把握しておきましょう。

 

企業によって検査する教科が異なる場合があるため、応募する企業がどの教科の検査を行うのかもチェックしておきましょう。

練習問題

SPIの能力検査ではどのような問題が出題されるのか問題例を確認してみましょう。

言語

問題

最初に示された二語の関係を考えて、同じ関係のものを選びなさい。

猜疑さいぎ:怪訝けげん

選択肢

ア 被告:原告

イ 決断:決心 

ウ 区分:分類

 

解答・解説

F

猜疑(うたがうこと)と怪訝は同義語。決断(心をきめること)と決心は同義語。また、区分(ある基準でいくつかにわけること)と分類も同義語。被告(訴訟で訴えられた人)と原告(訴訟を起こした人)は対義語。

 

問題のワンポイントアドバイスはこちら>>

二語の関係の問題はこちら>>

言語の問題はこちら>>

 

非言語

問題

X、Y、Zが同じ絵を見てて、次のように発言した。

X この絵には虎が描かれている。

Y この絵には少なくとも虎か龍が描かれている。

Z この絵には龍が描かれている。

全員が本当のことを言っているとは限らない。そこで、以下の推論がなされた。次のうち正しいものを一つ選びなさい。

選択肢

Yが正しければXは必ず正しい

Zが正しければYは必ず正しい

Xが正しければZは必ず正しい

 

解答・解説

B

Yが正しいとしても、虎が入っていることは分からないため、Xは必ずしも正しくない。

Zが正しいとき、少なくとも龍は入っているため、Yは正しい。

Xが正しいとしても、龍が入っていることは分からないため、Zは必ずしも正しくない。

 

問題のワンポイントアドバイスはこちら>>

推論の問題はこちら>>

非言語の問題はこちら>>

 

英語

問題

次の説明文に最も近い意味を持つものを、AからEまでの中から1つ選びなさい。

useful to you because it saves you time, or does not spoil your plans or cause you problems

 

選択肢

A. transparent

B. convenient

C. unacceptable

D. safe

E. sociable

 

解答・解説

B

問題を起こすことや計画を損なうこと、時間を有効に使えることなど、便利であること

A    transparent:透明な

B    convenient:便利な、快適な

C    unacceptable:容認できない、受け入れがたい (対義語)

D    safe:安全な

E    sociable:社交的な

 

問題のワンポイントアドバイスはこちら>>

単語の意味の問題はこちら>>

英語の問題はこちら>>

 

まとめ

今回はSPIの検査内容や受験方法について紹介しました。出題内容や対策方法など、具体的にイメージできたのではないでしょうか。

 

SPIの対策は早ければ早いほど良いため、まだ始めていない就活生の方は問題集やアプリを利用して今すぐ対策を始めましょう。

アプリの説明画像

SPI対策 -webテスト言語・非言語問題集-

非言語

言語

英語

アプリの説明画像

SPI対策 -webテスト言語・非言語問題集-

科目一覧

アプリの説明画像

SPI対策問題集 produced by CareerMine

サイトコンテンツ

科目一覧

・言語・非言語・英語問題一覧

サイト情報

運営会社プライバシーポリシー利用規約お問い合わせ

関連サイト

就活タイムズCareerMine年収チェッカー

SPI対策アプリ

面接練習アプリ

Copyright © Ann, Inc. 2022